大阪の不用品回収業者にリサイクル家電の回収を頼んでみた

テレビ、エアコン、冷蔵庫(冷凍庫)、洗濯機およびパソコンは、家電リサイクル法の適用があり、
処分する人がリサイクル料金を払って、処分をすることが求められます。
その昔は、粗大ごみとして、市区町村のごみ収集で格安で処分できたように思いますが、
環境省の定めによりリサイクル料金は数千円ほどかかるようです。
不用になったモノを捨てるのに高額な費用が取られると思うと、どうも納得がいかなくて、
使わないのに捨てないまま家の中に置いてある、なんてことはありませんか?
自宅の倉庫も満杯ですし、少しはモノを捨ててスッキリしなければと、ようやく重い腰をあげ、
大阪の不用品回収業者で家電の回収を行っているところに問い合わせをしてみました。
製造年が新しくまだ十分に使えるものは、買取や無料回収の対象にしてもらえることもあるようですが、
そうでない場合は、回収料金が取られます。
その料金が問い合わせた業者によって、3千円、4千円、6千円とバラバラでした。
法律に基づいたリサイクルなのに、どうしてそんなにバラバラなのかと思ったら、
回収料金はリサイクル料金と収集運搬料金というので構成されているらしいです。
結局、業者さんの裁量で料金設定が可能みたいなので、
何件か問い合わせて、格安な業者を探すのがいいですね。